うどん そば 製麺所 東京 | 株式会社池田製麺

会社案内

ごあいさつ

関東は、武蔵野の地、甲州街道の一番始めの宿場の高井戸宿(※)で、よろず屋を商っていた主人が、うどんや蕎麦打ちがうまく、宿場でひと休みする者に喜ばれ、誰れ問わず言い伝わり、『うどんの池田屋』と呼ばれ、人々に親しまれて来ました。

そんな昔より伝わる麺の味を、新しい技術をも取り入れながら今も頑固に守り続けています。

※日本橋からの距離が長くて婦女子には大変なため、後に中間地点に新宿ができる。

高井戸宿

会社概要

社名 株式会社 池田製麺
代表取締役 池田 紘一
所在地 東京都杉並区下高井戸4丁目31番地12号  
TEL 03-3302-3611
FAX 03-3302-3564
創業 明治6年
設立 昭和25年7月1日
資本金 1400万円
業務内容 麺類製造及び卸販売業
厚生労働大臣認証 製麺技能士工場
東京都学校給食指定工場
工場認可番号 第1号 東京都公害防止条例認可工場
営業許可番号 6杉南保衛食ほ第282号
関連団体 東京都製麺協同組合、東京都学校給食麺協同組合
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 上北沢支店
みずほ銀行 浜田山支店
城南信用金庫 砧支店
昭和信用金庫 上北沢支店
主な販売先 株式会社 三越伊勢丹
株式会社 アドバンスクリヤマ
伊藤忠商事 株式会社
株式会社 グローバルダイニング
株式会社 中村屋神宮司商店
杉並区  幼・小・中・高等学校給食
世田谷区 幼・小・中・高等学校給食
世田谷区立 太子堂調理場
株式会社 G7ジャパンフードサービス
(順不同)
沿革
明治以前より、甲州街道の高井戸宿にて万屋(よろずや)を営み、その横にて茶屋を開いて、飯・酒とともに饂飩・蕎麦を供した。これが往来する人々にたいそう評判になる。
明治始め(6年ごろ)に製麺(乾麺)の卸・小売を始める。
大正3年3月 東京大正博覧会にて、乾饂飩で銅牌を受賞する。
戦中(太平洋戦争)・戦後は、農林省指定食品工場となる。
麺類の販売統制解除後の昭和25年、株式会社を設立し麺類の製造卸売の専門工場となる。
昭和38年度より昭和45年度まで優良施設として連続東京都知事賞を受賞する。
昭和42年 甲州街道の道路拡張に伴い現在地に移る。
昭和58年 スパゲティー及びマカロニの販売を始める。
平成元年度に再度東京都知事賞を受賞する。
平成7年  冷凍麺類の販売を始める。
平成10年 通信販売部門を開始する。
平成13年 ホームページ開設。
平成18年 杉並区技能功労者賞を受賞する。
平成23年 頑徹蕎麦が「ニッポンの食、がんばれ!セレクション」
第3期の受賞製品に選ばれました。

アクセスマップ

アクセス:
京王線上北沢駅 徒歩8分
住所:
東京都杉並区下高井戸4丁目31番地12号  
連絡先:
03-3302-3611